千葉(市川・船橋)でインプラントのことなら|葛西インプラントセンター

  • 夜20時
    まで
  • 土日
    診療
  • 駐車場
    完備

診察・相談のご予約は 03-5675-6874

診療時間
10:00~13:30 ×
15:00~20:00 ×

休診日:毎週木曜日

ドクターコラム

ドクターコラムCOLUMN

骨が少ない人でもインプラントを受けられる治療法

2016.07.06

歯科治療におけるインプラント治療は、

インプラント手術を受ける患者様の顎の骨にフィクスチャーと呼ばれる

インプラント体を直接埋め込む外科的な処置を必要とする義歯治療の一つです。

この為、従来の義歯治療である入れ歯治療やブリッジ治療とは異なり、

インプラント治療を受ける際にはインプラント手術を受ける患者様の

顎の骨の高さや顎の骨の厚みがインプラント治療に必要な顎の骨の高さや

顎の骨の厚みの審査基準をクリアしている必要があります。

もし、インプラント手術を患者様の顎の骨の厚みや

顎の骨の高さが足りない状態で行ってしまうと、

フィクスチャーと呼ばれるインプラント体がしっかりと患者様の顎の骨に定着しなかったり、

インプラント手術の最中にフィクスチャーが患者様の顎の骨を損傷してしまう、

といったトラブルが起きてしまうおそれもあります。

この為、インプラント手術を希望される患者様の顎の骨の厚みや

顎の骨の高さが足りていない場合には、

骨造成法と呼ばれる顎の骨の高さや顎の骨の厚みを増やす手術を

インプラント手術を行う前にまたはインプラント手術と同時に行う事で、

顎の骨の厚みや顎の骨の高さが足りない患者様でも

インプラント手術を受ける事が出来るようになります。

pagetop